Loading...
Skip to Content

郷土愛エンジンとは?

1. はじめに

自治体の情報発信にSNSを利用することは、地域のニュースを効率的に広報する強力なツールとなっています。このブロードバンド型の情報発信は、地域情報の共有に貢献しています。

2. 課題

次のステップとして、自治体がSNSにて情報発信をすることで、地域全体の一体感や地域コミュニティの活性化につなげることが挙げられます。

3. 目的

郷土愛エンジンは、自治体がSNSにて地域情報を発信する仕組みです。郷土愛エンジンの目的は、地域のさまざまな情報を発信することで、住民とまちのつながりを深め、郷土愛の拡大を図ることにあります。

4. 実施内容

郷土愛エンジンは以下の3ステップを自動で繰り返します。

ステップ1: 情報の収集
ステップ2: 情報のAI編集
ステップ3: 情報の発信

ステップ1:情報の収集

より多くの住民に届くために、多様なコンテンツを収集するのがおすすめです。以下は実例です。

市の公式情報

市の公式情報

自治体の公式ホームページから情報を収集します。ホワイトリストを利用して取捨選択するのが有効です。

新聞メディア

新聞メディア

新聞メディアのホームページから情報を収集します。地域のトピックは住民にとても興味深いです。

地域のお店

地域のお店

Instagramで情報を発信している地域のお店から情報を収集します。地域の飲食店やショップの新情報は住民にとても興味深いです。

市内のイベント

市内のイベント

ショッピングモールなどのホームページから情報を収集します。のイベントやフェスティバル情報を発信することで、住民の参加を促進します。

市の防犯情報

市の防犯情報

自治体が運用する「防災・防犯メール」から防犯情報を収集します。地域の安全を守るための情報をタイムリーに提供します。

議会

議会

議会のホームページから一般質問内容などの情報を収集します。住民が地域の政治に関心を持つきっかけになります。

郷土の歴史

郷土の歴史

自治体がもつ郷土の歴史の資料から情報を収集します。クイズ形式の情報発信をすることで、興味関をが引きやすくします。

図書館の新本

図書館の新本

図書館が新入荷した本の情報を収集します。内容の概要も合わせて紹介することで、興味関をが引きやすくします。

ハッシュタグ検索

ハッシュタグ検索

Instagramのハッシュタグ検索から情報を収集します。地域で何が起こっているのか? 住民にとても興味深いです。

スッテプ2:情報のAI編集

◦収集した情報をAIが編集します。

スッテプ3:情報の発信

◦AIが編集したコンテンツを自動的に発信します。

5. 情報の安全性

郷土愛エンジンは、情報の収集から発信までを自動化していますが、その過程で不適切な表現が含まれるリスク対策も講じています。

不適切な表現の検出: 収集した情報をAI解析し、不適切な表現のある内容を検出します。

6. まとめ

自治体は「郷土愛エンジン」を利用することで、住民が喜んでくれる地域情報のコンテンツをAI生成しSNS配信できます。

これからの展望

郷土愛エンジンはAIの進化と伴に深化し、郷土愛のさらなる拡大を目指します。

その他の関連リンク

郷土愛AIのエンジンモデルについて