暁の茶事 2017

2017年2月は「暁の茶事」でした。醍醐味は極寒の中の夜明けを楽しむこと。席入りは午前4:00、いったいどんな雰囲気だったのでしょうか?

TOPIC.1

午前4:00に見える景色

守谷市高野にある「無碍光庵」。1枚目の写真は、「外待ち合い」の様子。暖を取れる火はこれだけなのですが、これが暖かいのです。

TOPIC.2

夜明けと仲立ちが重なるか?

「暁の茶事」の醍醐味はお客の「仲立ち」の頃合いに、「夜明け」を迎えること。午前6時の夜明けから逆算して茶事を進めていかなければなりません。時間との勝負な茶事でもありました。

TOPIC.3

茶事のクライマックス、
濃茶へ

茶とは「濃茶」をいただくこと。午前7時、太陽が昇り陽が差します。幻想的的で非日常の時間の中で濃茶を召し上がり、身体が温まりホッとされる瞬間。全てはこの「濃茶」に向かって収束させてきたのです。自然がご馳走でもありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。