PR|54名による感性の書|第7回 粋耀書展

2017年3月18日〜26日、イオンタウン守谷にて「第7回 粋耀書展」が開催。子どもから、おじいちゃん・おばあちゃんまでの総勢54名による「感性の書」が展示されました。 その中でも「金耀賞」「銀耀賞」「銅耀賞」を獲った作品は胸に迫るものがありました。

金耀賞
「あんたの正義は一体なんだ」

日本テレビ「ゆとりですがなにか」の主題歌でもある「拝啓、いつかの君へ」。その歌詞を背景に描き「あんたの正義は一体なんだ」が表現されています。迫力と鬼気迫るものが感じられました。

銀耀賞
「風神雷神」

小学校6年生による作品。こちらの作品は江戸時代初期の画家「俵屋宗達」筆の「風神雷神図屏風」がモチーフとなっております。書体は篆書体、古代の書体ですね。

私は、小学生は楷書体のみを学ぶと勘違いしておりましたが、「風神雷神をかっこ良く書いてみたい」と想う気持ちが実現できて何だか嬉しい気持ちになりました。

銅耀賞
「想出君面影」

現代の日本言葉で云うと、「君の面影を思い出す」。この作品は大好きな人たちやペットとの悲しいお別れをされ、「いつの日かまた笑いあいたい」との願いが込められているそうです。上部に大きな余白があります。この空間に何があるのか? 思いを馳せてしまいます。

守谷市内の学校やデイサービスセンターからも展示

守谷市内にある「デイサービスセンター ゆうゆうケア・ワン」に通われている、おじいちゃん・おばあちゃんたちの作品です。今回の書展主宰の雲炎先生は、こちらのデイサービスセンターにて約8年間も書のボランティアをされています。

レッスン風景は、先生の書いたお手本を真似て描くそうで、おじいちゃん・おばあちゃんたちは毎回、楽しみに待っていてくれるそうです。いったいどんな気持ちで書を描いているのでしょうね。。

こちらのパネルは新守谷駅に隣接する『開智望小学校』に通う生徒さんたちの作品です。雲炎先生は開智望小学校のアフタースクールにても書を教えています。

こちらは雲炎先生の作品「花柚」。2017年の「第5回 臨書展」で銀漢賞を受賞されたものです。書は線のカタチだけでなく、墨色や濃淡でも表現できるのですね。写真に見える掛軸はラオス産のシルク織物だそうです。

雲炎先生が主宰の「粋耀書会」では、書の基礎を習得する「生活の書」と多彩な表現技法を学ぶ「創作の書」、この二本立ての充実したカリキュラムで書の醍醐味を学ぶことができます。

詳しくはホームページをご覧ください。

参考 熊谷雲炎 書道教室ホームページ PR|書アート体験|ココナッツファイバーで「月」と書く