陶芸記|vol.2 土づくり|茨城県展 初挑戦

陶芸を学び始めて3年。平成最後の茨城県展、入選を目指しチャレンジ中!

火色を出すための土づくり

 ただいま平成最後の茨城県展にチャレンジしています。前回の記事で触れたように角皿の装飾に緋襷(ひだすき)をします。火の色を美しく出すために、今日は、土を20kg作りました。

 備前と信楽の土をそれぞれ取り寄せブレンドしました。備前の土は火の色が出やすいのですが、欠点は土が弱いこと。それを補うために信楽の土をブレンドしました。

下が備前で上が信楽。まったく性質が異なります

そして、それぞれの土を土練機に通します。

次回はミニサイズで制作

 次回は出来上がった土を使って、45センチの1/3スケールで試作品づくりをしてみます。装飾は緋襷(ひだすき)に加えて、シノギをしたいと考えています。chao!

茨城県展 初挑戦服の連載

15センチの型紙を作り、切り取る陶芸記|vol.3 ふたたび試作品づくり|茨城県展 初挑戦 陶芸記|vol.1 試作品づくり|茨城県展 初挑戦陶芸記|vol.1 試作品づくり|茨城県展 初挑戦

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください