濃茶づくし

濃茶手前の所作を撮りました。どこを切り取っても絵になり、とても美しいので、ぜひ皆さんにもお見せしたく掲載いたしました。ぜひご覧になってください。写真のキャプションは、あくまで私の感想ですのでご了承くださいませ。


茶筅とおし。茶筅を湯に慣れさせ穂先に破損がないかも調べています。万が一、破損した穂先を飲んでしまっては戦国時代では一大事です


茶入れから濃茶を取り出します。竹茶杓は真ん中に節があり、そこで重心が取れるようになっています。理由は、茶入れに載せるときにバランスを保つためだと思います


茶碗に添えられている左手。こういう何気ない動作も意味があり、美しく見えるように計算されているのだと思います。ちなみに釜の湯はポッドと比べてもやはり美味しいですね。


茶筅をもつ左手の様子。こちらも美しいように思えます。きっとこれもルールがあるのだと思います


じつは表千家と裏千家では、最後に泡立てるかいなかの違いあがります。裏千家は、写真のように泡立てます


濃茶を練り終わると、スッと右手がもつ茶筅を持ち上げます


別の角度から


練り終わり、主客のもとへ運ばれます


別の角度から