大円之草

2018年10月7日(日)、守谷市にある和の文化教室主催の月釜にて、大円之草で一服差し上げました。見事な藁灰型もどうぞご覧ください。

本席

見事な藁灰

見事な藁灰

床:主人公 若狭発心寺 雪渓和尚一行/花入:宗全籠/花:芒・シュウカイドウ

床:主人公,若狭発心寺,雪渓和尚一行 / 花入:宗全籠 / 花:芒・シュウカイドウ

宗全籠

宗全籠

釜:丸釜 敬典造/水指:細粉引秋草模様

釜:丸釜,敬典造 / 水指:細粉引秋草模様

炭手前のはじまり

炭手前のはじまり

炭手前のおわり

炭手前のおわり

大円之草

大円之草

盆:円能斎好大円盆 円能斎在判/茶入:唐物写高取 即中斎箱/仕覆:緑地菊花菱文緞子/薄器:黒小棗/袋:大津袋

盆:円能斎好大円盆,円能斎在判 / 茶入:唐物写高取,即中斎箱 / 仕覆:緑地菊花菱文緞子 / 薄器:黒小棗 / 袋:大津袋

大津袋

大津袋とは棗を入れて濃茶に使う場合の袋のことである。

大津袋は、利休の奥様の宗恩さんが大津で使われている米袋を見て考えられたという。

引用:茶道体験教室 パート3

主菓子:名月・葡萄 まるやま千栄堂製

主菓子:名月・葡萄,まるやま千栄堂製

干菓子:栗・きのこ まるやま千栄堂製

干菓子:栗・きのこ,まるやま千栄堂製

点心:秋麗

点心:秋麗

茶道BLOG