閉幕「面白もりや町写真展」。ありがとうございました!

昨日の8.4(木)で「面白もりや町写真展」は閉幕しました。
面白もりや町写真展
7.26〜8.4の十日間で、
たくさんの人にお越し頂き、
たくさんの人達と触れ合うことができました。
面白もりや町写真展
この企画を初めて思いついたのが「2月」
「ロックシティで昔の守谷の写真を展示したら面白いだろうなぁ」
気温が低い中、ワクワクしながら国道294号線を車で走っていたのを今でも覚えています。

今回の写真展を通して、改めて実感したことが一つあります。

それは、

面白もりや図書館のロゴは、「赤,青,黄,緑」のピースが組み合わさって、

一つの本が出来上がっています。

面白もりや町写真展

これは、まさに今回の写真展を表しているかのようでした。

染谷さんの素敵な写真があって、

東横ハウジングさんから「明治14年の守谷地図」のご提供があり、

そして、守谷出身のグラフィックデザイナーさんによる「守谷比較地図」のご提供。

ロックシティという、たくさんの人が集まる場所があって、

そして本当に多くの方の協力があって、

これらの多くのピースが組み合わさって、今回の「写真展」が出来上がりました。

どれか一つでもピースが欠けたら、今回の写真展では失くなってしまう気がします。

写真提供者の染谷さんは、体は決して丈夫ではないのですが、

今回の写真展の期間中は、体の調子が良い、と言っておられました。

そして、写真展を協力してくれた人達や、見に来てくれた人達に、

「ありがとうございました」と伝えておいてくれ、頼まれました。

私達全員によって創り上げた写真展が、今も守谷市を回り回って

たくさんの人達の笑顔に繋がっていると信じています。

最後に、今回このような企画を実現できたことに、

感謝の気持ちで一杯です。誠にありがとうございました。

面白もりや町写真展

面白図書館もりや 一同