Loading...
Skip to Content
Media

Media

Media


2018

茨城新聞

好アクセス、緑も豊か

守谷市は全国的に住みやすい街ランキングで1位に選ばれました。その理由として、好アクセスと豊かな緑が挙げられています。また、人口増加が続いており、特に若い世代の転入が目立っています。

人口の急増に伴い、世代間のギャップや地域の対応が求められています。特に、子育て支援や高齢者対策など、様々な世代に対応した政策が必要です。

実好敏正さんは、守谷市の住みよさを強調し、地域イベントを通じて、新しい住民が早く地域に馴染めるようにと述べています。

2016

東京新聞

新住民とけ込む街に

この記事は、守谷市の実好敏正さん(33歳)が新しい住民として、地域に溶け込むための活動を行っている様子を紹介しています。

実好さんは、IT企業に4年間勤務した後、守谷市に転居し、「守谷愛」を掲げて様々なイベントを企画・運営しています。彼の活動は、地域の人々とのつながりを求める新住民にとって第二の故郷として感じられるような環境作りに貢献しています。

記事では、実好さんが地域イベントを通じて、新しい住民と既存の住民の橋渡しを行っている様子が強調されています。彼の活動には、子供から大人まで多くの人々が参加し、地域全体が一体となって楽しむことができるイベントが多く含まれています。また、彼の活動の原動力となっているのは、地域の人々との交流と新しいつながりを作る喜びであることが強調されています。

最後に、実好さんは「新住民も既存の住民も、もっと地域に溶け込んで、一緒に楽しいことをしていきたい」との願いを述べています。

2015

Yahoo!

コースターに郷土愛込め

茨城県守谷市の「面白商事さねよし」が、郷土愛を込めたコースターを作製しました。地域に貢献できるものを作りたいという思いから制作されました。

2015

産経新聞

コースターに郷土愛込め

実好敏正さんが、守谷市の魅力を広めるために、地域の名所をデザインしたコースターを製作しました。コースターのデザインには、利根川、鬼怒川、小貝川の3本の川と、つくばエクスプレス(TX)をイメージしたものが含まれています。これらのコースターは、緑とピンクの2種類があります。

2015

常陽新聞

もりやコースター完成

実好敏正さんが運営する「面白商事さねよし」は、守谷市の地形をデザインした「もりやコースター」を完成させました。コースターには守谷市内を流れる3本の川(利根川、鬼怒川、小貝川)と主要道路が描かれており、縦9cm、横9cmの正方形で、色はピンクと緑の2種類です。

このコースターは、市の地形を元にしたデザインで、地元の魅力をアピールすることを目的としています。実好さんは、このコースターを通じて地域の活性化を図りたいと考えており、インターネットや市内の店舗で販売する予定です。価格は5枚セットで300円です。

2011

常陽新聞

人をつなげ地域活性化図る

実好敏正さんは、「面白図書館もりや」館長として、地域活性化を目指しています。彼は、守谷市で写真展を開催し、人々をつなげる活動を行っています。SNSやICTを活用し、地域の魅力を発信することで、住民同士の交流を促進しています。

2008

KANE REPUBLICAN

Adventurous yung writer teaches English in Japan

ジェイソン・ダウニーさんは、ピッツバーグ大学を卒業後、日本の守谷市で英語を教えています。彼は「GEOS」というプライベートスクールで働き、9~12時間の日々を過ごし、3歳の子供から60代の大人まで幅広い年齢層の生徒に英語を教えています。彼の給与は年収25,000ドルですが、彼はこの仕事を非常にやりがいのあるものと感じています。

ダウニーさんは、日本での生活を楽しんでおり、現地の文化や言語を学ぶことにも熱心です。彼は、週末に旅行を楽しんだり、地元の人々と交流したりしています。彼の強みは、ユニークで風変わりな活動を楽しむことです。高校時代には、演劇や空手、バックパッキングなど、様々な活動に取り組んでいました。

ダウニーさんは、異文化での経験が自分にとって非常に価値があると感じており、日本での教職がアメリカでは得られなかった多くの経験をもたらしてくれていると語っています。